Gendai Reiki Forum

   現代レイキのNPO法人と国際ネットワーク  
「現代レイキの会」 が、 NPO法人(特定非営利活動法人)として
認証され、海外の現代レイキグループとの交流が広がっています


◆「NPO現代レイキの会」設立の背景
レイキは「日本発祥の世界的なヒーリング」であり、健康で幸福な人生を構築するための効果的な技法ですが、レイキ(霊気)という言葉から、怪しげなものを連想する人もあり、海外での普及にもかかわらず、国内では十分な認知が得られているとはいえません。

 しかし最近では、海外の影響もあって有効性が認識され始め、医療関係者がレイキを学ぶケースが増え、治療家が取り入れたり、病院でのヒーリングボランティアなどが開始され、徐々に学ぶ人が増加してきました。
 それに伴って便乗商法や、ネットビジネスも横行し始め、 真面目に学ぼうとする人たちの妨げとなる事例が増えてきました。

 そのような弊害からレイキを学ぶ人たちを守り、健全な普及発展を推進すると同時に、指導者自身のレベルアップを図っていこう、という動きが高まってきました。レイキの団体が医療機関と提携したり、「レイキのネットワークをNPO法人にしよう」という動きもその一つです。

 NPO法人化そのものが、レイキの価値を高めるものではありませんが、少なくとも行政機関から 「政治、宗教、暴力組織とは無関係で、公益のために活動する団体である」 と認証されることは、健全な普及の第一歩となるものです。

 
なお 「NPO現代レイキの会」 は、2,005年に内閣府の認証を受けて発足。法改正により、2,012年4月から都道府県に移管されました。


◆NPO現代レイキの会 (略称GRN) の目的
 
GRN(NPO現代レイキの会)は、次のような理念のもとに、現代霊気ヒーリング協会が全面的に協力して設立されたもので、私が名誉顧問として参画しています。
 1.多くの人に、レイキに触れる機会と、正しい情報を提供し、生涯教育の場として各種セミナー、ワークショップ、交流
  会、研鑽会などの開催事業を行う。(学びの場の提供)
 2.各地域で活動する現代レイキ指導者に対して、能力向上と創造的な実践活動推進事業を行う。(指導者の向上)
 3.これにより、一般市民の方々が健康で幸福な人生を送り、調和のある社会の実現に寄与することを目的とする。
  (レイキの普及実践を通じて、幸福な社会の実現を目指す)


社会認知活動と、国際交流に向けてのGRNの活動
 
新年霊授会、合宿研修会、医療機関と協力してレイキの医療効果の検証、国内各地での交流会、海外の現代レイキ実践グループとの交流など、積極的な活動が行われています。

 とくに、
レイキに関する著作や、レイキの真実を伝える国際ワークショップなどを通じて、海外での現代レイキの認知度が高くなり、世界各地に現代レイキのネットワークが誕生しています。光の仲間たち

 2,012年3月には、京都で5日間に亘って国際ギャザリングが開催され、各国の実践者が参加して 「現代レイキ憲章」 が採択されました。活動報告

 2,012年8月末に、スペインで 「第三回ヨーロッパ現代霊気研鑽・交流会」 が開催されますが、日本からも参加が予定されています。 第一回はスペイン、第二回はデンマークで開催されましたが、いずれも日本から参加しました。
 2,010年と11年に、現代レイキ・イタリアが主催した 「命の輪」 という国際行事にも、NPOの会員たちが多数参加しました。命の輪

 2,013年には、数ヶ国からの日本レイキツアーが予定されており、11〜12月に南米チリで 「第二回国際ギャザリング」 が計画されています。

 今後も、臼井レイキ発祥の地である日本のGRNが、世界のレイキ実践者を結ぶ役割を担い続け、国際交流がますます盛んになって行くものと期待されています。

                             
GRNウエブサイト



   


         海外の日本人マスター

                                                        現代霊気ヒーリング協会