Gendai Reiki Forum

        セミナー案内  現代レイキ研修会(芦屋)のご説明

                           
●セミナーの考え方

 すでに理解されたように 「セミナーを受けて、レイキの回路が開かれれば、それで完成」 ではありません。

 セミナーを受けた時点では、まだ完全な状態ではないので、自分の内部を繰り返し浄化し、雑音 (怒り、心配などの好ましくないエネルギー) を受信しないように、クリーンな状態に整える必要があります。
 これを 「レイキのパイプを育てる」 といい、レイキ活用の第一歩となるものです。


 レイキの基本は1日で簡単に習得できますが、奥が深いので、実践するうちに沢山の疑問が湧いてくるのが普通です。そのため受講後に、疑問や質問を一杯持って、再受講に参加する方が多いです。

 し
たがって、レベル1〜2を終了した後は、
 ・実践しているうちに疑問が出ればマスターに確認する
 ・できれば交流会にも参加する (別のマスターの主催する交流会・実践会などへの参加も有効)
 ・必要と感じればセミナーを再受講する
 などで、認識や体験を深めて、レイキのパイプを育てていくことが大切です。


 つまり、指導者の側から言えば、セミナーのやりっ放し(受講者の側からは、セミナーの受けっ放し) が最悪、ということになります。 「セミナーで必要なことは伝えたので、フォローはしない」 というスクールを選んではいけません。


 私は 「初期段階のセミナーは、再受講の可能なスクールで受講するのが最善」 と言い続けてきました。
これは、「日帰りで往復が可能な地域にあるスクール」「再受講をきちんと受けられるスクール」という2つの条件が必要だということです。

 いくら近くてもフォローをしないスクールを選んでは無意味なので、 「再受講に行ける範囲にあるスクールから、きちんとフォローが受けられるところを選ぶ」 ということです。
 習ったもののフォローがないため、いわゆる 「レイキ難民」 を作り出す一因になっています。

 このような考え方から、レイキの基礎であるレベル1〜2のセミナーは、「本人が必要と感じれば、再受講に参加できる範囲の方」 を対象にして来ました。


 ところで芦屋では、指導する資格を持った人たちが、国内各地や外国から参加することが多くなって来ました。多くなったというよりも、参加者の殆どがそのようなレベルの人と言って良いでしょう。

 参加者の多くは、すでに十分なヒーリング体験を持ち、セミナーやヒーリングサロンを経営している人たちで、多忙な日程を割いて参加してくれています。

 そのため、2日間で現代霊気法のすべてを学んで頂くことにしており、1日目にレベル1〜2を、2日目にはレベル3〜4を続けて受講します。
 レイキを初めて学ぶ方も、指導者の方たちと一緒に受講するので、やはりレベル1〜2を続けて学んで頂いていました。


 レベル1〜2を続けて学ぶ理由については、「シンボルをエネルギー体にセットすることで、急速なパワーアップが図れる」という意図で、高田はわよ先生が養成した22名のマスターの内の数人が取り入れていたという先例に基くものでした。

 しかし実践するうちに、エネルギーのパワーアップが図れる効果は事実ですが、「受講者によってはレイキに対する認識が十分に伝わらない」ということに気づきました。多くの受講者は、理解を深めるために2度3度と再受講に来ていますが、来られない人は、理解が中途半端にとどまっている可能性があります。

 また、「芦屋のセミナーでは、レベル1〜2を続けて行っている」ということで、安易に真似をするマスターも現れてきました。


 エネルギーのパワーアップは喜ばしいことですが、認識が伴わなければ十分な活用が出来ず、間違った使い方をする可能性もあります。

 医師・看護師などの医療関係者や、治療家・ヒーラー・ボディワーカーなどの経験者は別として、今まで治療やヒーリングなどに無縁だった初心者の方は、先ずレベル1を学び、ある程度の実践をしてからレベル2に進むことが理想と思います。


 そのため今年から、芦屋では(治療家・ヒーラー経験者を除いて)新規受講者の申込みは受付けず、新規に学ぶ方は、近くのマスターからレベル1を学び、必要があれば復習して、ある程度の手当療法が出来るようになってからレベル2に進むようお勧めしています。

 近くに現代レイキのスクールがない場合は「現代レイキにこだわらず、居住地の近辺で良いスクールを見つけて学んでください」とお勧めしています。
 受講して不満がなければ、続けて同じマスターから、上のレベルを学ぶのが理想です。
学んだ上で実践し、より深めたい場合は芦屋で受講することは可能です。

 遠地の方であっても、レベル3以上は別の考え方をとっています。
レベル3は、レイキヒーリングの一応の基本を身につけた方が、それを「自分自身の精神性向上のために、どう活かすか」というのが主要テーマです。

 レベル3を芦屋で新規受講する場合は、すでに他のスクールで学んだレベル1〜2は無料で復習(再学習)し、レベル3だけの料金で学んで頂いています。
(レベル1〜2の再学習だけの場合は有料ですが、新規料金の40%を支払えば1年間は何度でも無料で再受講出来ます。また1年以内にレベル3を新規受講する場合は、支払った再学習料は内金に充当します)この方式は、他でレベル3まで学んだ人が、芦屋でレベル4を受講する場合にも適用されます。

※ 他で学んだレベルを芦屋で復習すること 「再学習」、芦屋で学んだレベルの復習を 「再受講」 としています。

 

 現代霊気法は海外でも受け入れられており、とくにレベル3(精神性の向上)において、他との違いが明確と言われます。別のスクールで学んだ経験を持って再学習すれば、それぞれの比較もでき、理解を深めることに役立ちます。

 勿論、現代レイキが他の系統より優れているということではなく、何を重視し、何を伝えようとしているかの違いです。

 最近では、願望達成のためのレイキが広まっており、そのような活用法もありますが、現代レイキは創始者の理念に基づいて「健康と幸福への道」をお伝えしています。
 レイキの目的とする幸福とは、創始者の「安心立命」という言葉で示されているように、精神性を高めて「安定した安らかな心の境地」に到達することです。

  

 前記のほか、系統を問わず、
 ・臼井レイキのレベル3 (サード) まで終了している方
 ・指導者 (マスター、ティーチャー、師範など) の資格を持っている方
 が、現代霊気法を再学習して指導資格を得たい場合は、詳しい資料を準備していますので、ご請求ください。



●現代霊気法の基本コース

  次の4段階で構成され、基本から高度な活用まで、ムリなく学べるようになっています。
段    階 性    格 目     的
レベル1《第一段階》
ヒーリング 基礎研修
霊気ヒーリングの
能力を 獲得する
霊気の回路を開通し、基礎知識を学ぶ
ヒーリングの基本と、各種技法を学ぶ
レベル2《第二段階》
ヒーリング 上級研修
霊気ヒーリングの
能力を向上させる
霊気エネルギーの質と、パワーの向上
遠隔、過去、未来へのヒーリングを学ぶ
レベル3《第三段階》
精神性向上特別研修
安定した安らかな
心の境地をめざす
光との一体化と、創造的に生きる技法
臼井先生の到達された、悟りへの道標
レベル4《第四段階》
指導者養成奥義研修
霊気の真実を理解
高度な実践法習得
自らの実践を深め、霊気指導者となる
霊気マスターとして正しい指導法を学ぶ
初めて学ぶ方は、左側メニューの 「マスター紹介」をクリックし、NPO現代レイキの会の「マスター紹介」、
または現代レイキ・サポートセンターの 「マスター紹介」 から、近くのマスターを選んでお問い合せください。


●認識と実践を深めるためのコース

  基本コースのほかに、次のコースも設定しています。

マスター 特別コース すでに指導者資格を取得している方のための特別セミナー
中途段階対象コース 他で学んだステップの再学習と、上位ステップ取得セミナー
再受講者対象コース 他で学んだステップの再学習(認定証を発行しない)コース
 マスター特別コースは、代表者が直接 レベル1〜4のすべてを伝授し、現代霊気ヒーリング協会公認マスター(師範)に
認定するコースです。公表された日程の中で、自由に受講日を選んで受講して頂きます。 ※最短2日間で終了可能。


●セミナー案内書(芦屋分)が必要な方へ

 このホームページは、レイキを理解して頂くために作成していますので、セミナー料金などは記載してありません。
 セミナーの問い合わせや、セミナー案内書などが必要な場合は、次の手順によってご請求ください。

 セミナー日程は各種行事日程  カリュラム内容はセミナーの指針  会場案内は会場付近地図


   


海外の日本人マスター

現代霊気ヒーリング協会